おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~
おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから《後編》 ~ボクのおばさんは超名器だった~


叔母の恭子を女としてみていた幸平は、ちょっとしたトラブルで肉体関係を持ってしまう。その事を家族に知られたくない叔母は口止めとして幸平に更なる関係を強要される。恭子はやむなく甥っ子の相手にする日々を送る。昼夜問わずカラダを求めてくる甥っ子に避妊を求めるが、幸平は叔母との子供を望んでいた…。拒否しつづける恭子も毎日求められ続けることで次第に身体(子宮)が反応していく…。そして叔母の危険日を知った幸平は、こっそり妊娠させてやろうと隙をみてコンドームを素早く外した…



オススメ関連作品→ おばさんの肉体(からだ)が気持ち良過ぎるから ~ボクのおばさんは超名器だった~
母さんの女穴『あな』つかわせて
母さんの女穴『あな』つかわせて~後編~
小川家の母娘
叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 1 、 2
叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 3 、 4