おっぱいな夏休み
おっぱいな夏休み


「あら、トオルくん今日はお買い物?」「は、はいっ」
ある暑い夏の日のこと、買い物帰りの苗子(なえこ)さんと偶然会った。苗子さんは僕のママの妹で、もう結婚もしてる。ママとひとつしか違わないのに、苗子さんはいつもキレイだ。美人だし、色も白くて清潔感があるし、なぜかほのかに石けんの香りがするし、おっぱいも大きくて…今日は暑いし、汗が胸元に…つい苗子さんのおっぱいに目が行ってしまう自分に気がつき、真っ赤になる僕を見て、苗子さんはくすり、と笑った。「じゃあまたね!」と行こうとする苗子さんの両手にぶらさがるスーパーの買い物袋。僕は思わず、手伝いましょうかと声をかけていた…

おっぱいな夏休み おっぱいな夏休み おっぱいな夏休み おっぱいな夏休み


オススメ関連作品→ オキナグサ 初咲 、 オキナグサ 陰咲