チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5
チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5


ボクの彼女は、あの日も・・あの時も・・あのクズチャラ男後輩に抱かれていた。
「売れるゲームや売れるキャバ嬢なんかには、ある特徴があるという・・それは緩急をつけることだ」
それを知りつくすチャラ男は、ヒロインをお姫様扱いしたかと思えば一転してオナホ扱いする。その繰り返しを受け、感情をジェットコースターのように激動させられるヒロイン。ひどい扱いを受けては涙し、優しい扱いを受けては安堵する。翻弄されるヒロインは既にチャラ男の術中だった。少しずつ…少しずつ…墜ちていく…
「名前を呼んでくれよ…卓馬って言ってくれ」拒むヒロインだったが…
女というのは己の前にはいつか墜ちる事を自覚するチャラ男の前に無垢なヒロインはあまりにも無力だった。チャラ男の要求はさらにエスカレートしてゆく…

チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5 チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5 チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5 チャラ男に寝取られ ルート2 Vol 4.5


オススメ関連作品→ チャラ男に寝取られ Vol.1
チャラ男に寝取られ ルート1 Vol.2
チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.2
チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.3
チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.4
チャラ男に寝取られ ルート2 Vol.5
一つ屋根の下 Vol.1 、 Vol.2
ボクの三号機 、 冥土の土産